FC2ブログ
第15回 「 ワインが喜ぶ食事会 」のご報告
1月25日に開催されました今年最初の 「ワインが喜ぶ食事会」 です。

寒さが厳しい中みなさまにお集まりいただきました。
ありがとうございました。


今回のテーマは  「美味しい魚介」  です。

やはり日本の冬といえば美味しい魚介ではないでしょうか。

脂ののった魚を美味しいシャンパーニュと白ワインで召し上がっていただきました。


まず一皿目です。

「 寒ボラとフレンチキャビアのマリネ イチゴのヴィネグレット」

ワインはシャンパーニュ
ベルナール・レミ カルト・ブランシュNV


 寒ボラ

シャンパーニュ

脂ののった寒ボラをカルパッチョ仕立てに
イチゴのソースで、酸味と甘味をシャンパーニュに合わせて



2皿目です。

「サザエ、ヒオウギ貝、小カブ、木の子のソテ
 サザエの肝のソース 」

ワインは ロゼ
 ベリンジャー ホワイトジンファンデル 2006



貝のソテ

伊勢志摩産のサザエとヒオウギ貝の柔らかさがたまりません。
少し甘めのロゼの余韻の甘ったるさを肝のソースでキレイに洗い流してくれました。



3皿めは

「ズワイガニのブランダード」

ワインはシャンパーニュ
ベルナール・レミ カルト・ブランシュNV Mag
 
ブランダード

北海道産のズワイガニとジャガイモを使って南仏料理のブランダードに
カニの旨味が詰まった一皿です。
ワインは最初と同じシャンパーニュですが、マグナムサイズのものを使い
さらにグラスを白ワイン用のグラスに変えて飲んでいただきました。
よりふくよかさとワイン本来の味わいが出てきます。
マグナムは通常のものより緩やかに熟成していくので、通常のものより美味しいといわれています。

グラス



4皿目 本日のメインです。

「伊勢志摩産マハタのプロヴァンス風ポワレ 
 ジャンジャンブル・ソース」

ワインはシャルドネ
 シャサーニュ・モンラッシェ ラ・グラン・モンターニュ 1999
 ルーデュモン クルティエ・セレクション
 


マハタのポワレ

伊勢志摩の脂ののったマハタです。クエと同じくらい旨味の多い高級魚です。
皮目をパリッと香ばしく焼き上げ、香草を使ったお料理です。
ソースはショウガを使ったジャンジャンブル・ソース

リーデル

ワインはブルゴーニュ白の中心シャサーニュの1級畑、しかも99年の当たり年です。
造り手は日本人ネゴシアン仲田さんの「ルー・デュモン クルティエ・セレクション」です。
通常よりもかなり大振りモンラッシェグラスでしっかりと1級畑の味わいを堪能していただきました。

今回はグラスで味わいが変わるという事もいろいろと試していただく良い会となりました。



今回のラインナップです。

ワイン



新年会?という感じでかなり盛り上がった会でした。

参加者



みなさまのお陰でワインが喜ぶ食事会も15回を迎えることができました。
本当にありがとうございました。
これからも、美味しいものを探し続けて楽しい有意義な会にしていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。


今回も写真提供は 宮本さんです。(本人は写真NGでしたので写ってません)




●次回 第16回 「ワインが喜ぶ食事会」は 

 2月22日(日)19時スタート に決定しました。

新規参加者、大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

075-213-0201 田中まで
スポンサーサイト



[2009/01/28 17:05 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<じゃんけんぽ~ん! | ホーム | 久しぶりに「ロッカクツバメ」です>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |