FC2ブログ
ヌーヴォー2008です
今年もとうとうやってきました。

ヌーヴォーです。

昨日もお伝えしましたが、2008年11月20日(木)0:00解禁です。

日付変更線の加減で日本がフランスよりも早く飲めるってことで
ブームになりました。

一時期に比べれば熱は冷めているものの、フランスにとって未だに
日本はヌーヴォーの大きな市場であります。

【2008年のボージョレのリポート】です

収穫は9月15日に始まり1ヶ月近く続いたが、理想的な天候のもとで行われた。
9月は一滴も雨が降らず、日照に恵まれ涼しかったので、ブドウの成熟はむらなく進み、
畑の衛生状態は安定し、生産者は天候から最高の恵みを引き出そうと、
収穫の開始を数日遅らせることが出来た。

2008年のブドウの収穫量はとても少なく、例年の収穫量が100万hlであるのに対し
予想収穫量は80万hl以下で、これは1975年以来もっとも少ないものになると予想される。

ボージョレのガメイ種は、伝統的な香り、キイチゴやカシスなどの小さな果実はもちろんのこと
今年は赤桃のニュアンスも感じられ、溢れるような、美味しい、多彩な香りが広がる。

総評としては、いろいろな天候上の問題があったが、2008年は「生産者の年」として
分類されるであろう。
素晴らしいワインを造るためには、ノウハウと注意が必要とされた年であった。

                    ≪ボージョレーワイン委員会 より 抜粋≫




今年のクレセントのヌーヴォーは『ヴァン・ナチュール』です。


ヌーヴォー08

今年はボージョレとは謳ってません。
何でかというと、ロワールの白もあるからです。
ヌーボーって赤ちゃうの?って言われるかもしれませんが、
実はフランスのいろんな地域でヌーヴォーがあるんです。
代表的なのが、ボージョレ赤で、他にブルゴーニュやローヌ、ロワール、ラングドックでも
ヌーヴォーはあるんです。

ということで今回はロワールの白
ティエリー・ビュズラのソーヴィニヨンブランがあります。

ボージョレは、ブラブリエール(ヤン・ロエル)
ともにビオの生産者です。

そして、ジョエル・ロシェットも自然派の造り手さんです。



ランチ、ディナーともにお飲みいただけます。


ランチ グラス 600円

ディナー グラス 1,000円 
      ボトル 6,000円
      3杯セット 2,500円もあります。


お早めにどうぞ!
スポンサーサイト



[2008/11/19 23:18 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<第14回 ワインが喜ぶ食事会 のご案内 | ホーム | ヌーヴォー20日0:00ロッカクツバメにて解禁!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |