FC2ブログ
第13回 ワインが喜ぶ食事会 のご報告
10月26日(日) に開催されました ワインが喜ぶ食事会 のご報告です。

今回のテーマは  「 ピノ・ノワール Pinot Noir 」 です。

赤ワインを代表する2大ぶどう品種のひとつです。

やはりブルゴーニュが有名なのですが、その他さまざまな国でも造られています。

しかしカベルネ・ソーヴィニヨンなどに比べると気難しい性質を持つため、
生産地域は限られています。

その土地の味わいを鏡のように映し出す繊細なぶどう品種 
それが 「ピノ・ノワール」 です。


まず 一皿目です。

『舞茸、平茸、シメジを使った 木の子のテリーヌ』 です。

ワインは ファッフェンハイム の ピノ・ブラン ’05


今回の唯一の白ワインです。
ピノ・ブランはピノ・ノワールの突然変異種ということでご用意しました。
素直にこの品種を味わうには、やはりアルザスです。
出来の良かった2005年を反映するように、やや薄い印象ながらもしっかりと味わいがあります。

秋といえばいろいろな木の子が美味しく食べられる季節です。
あまり味が強くなりすぎない木の子を使いテリーヌに

01-3.jpg


2皿目は

『地鶏のハツのグリル』 です

ワインは ティレルズ・ワインズ ピノ・ノワール ’05 


オーストラリア ニューサウスウェールズ州 ハンターヴァレーのワインです。
1858年創業の歴史ある家族経営のワイナリーです。
果実味豊富でラズベリーやイチゴなど赤系フルーツのチャーミングな味わいです。

地鶏のハツ(心臓)を直火でグリルしました。

地鶏ハツグリル


3皿目です。

『平目のポワレ 白ネギのフリカッセ 赤ワインソース』 です。

ワインは ネイラーノ  ラ・クーポラ ピノ・ネロ ’03 


同じ品種の飲み比べでいちばん困るのは、やはり何の料理を合わせるのか?です。
単純に考えると肉系なのですが、そうするとコースとしての構成が成り立たなくなるので
シェフお得意の力技です。

濃厚ではない平目に、白ネギをフリカッセにして厚みを持たせ、赤ワインソースで合わせました。
イタリアでこの価格と考えると非常に良くできたワインです。
しっかりとプルーンなどの黒系の果実味があります。

平目のポワレ


そして、今回のメインです。

『仔羊のロティ そのジュを使ったタプナードソース』 です。

ワインは ルイ・ジャド ニュイ・サン・ジョルジュ ’05


ブルゴーニュを代表するネゴシアンで、ブルゴーニュの様々なワインを造っています。
このラベルに見覚えのある方も多いのではないでしょうか?
土っぽいニュアンスのある力強いワインです。
並みの料理では負けてしまうのでと言う事で 「アニョー 仔羊」です。
仔羊のクラシタを塊でじっくり焼き上げスモークをかけて脂に燻香をつけて旨味を引き出しています。

みなさんワシ掴みでしゃぶりついてました。
「肉食獣」って言葉がぴったりの風景でした。

仔羊のロティ




今回のラインナップです。

PinotNoir



今回の参加者が少なかったので、少し寂しかったのですが
数に負けずに盛り上がってました。

参加者



さて次回なのですが、11月はお休みです。
12月初旬に今年最後のワイン会を盛大に行いたいと思います。

詳しい日程は決まり次第お伝えしますが、
みなさんの奮ってのご参加お待ちしております!
スポンサーサイト



[2008/10/29 22:30 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<久しぶりに沼津から鮮魚が入荷 | ホーム | ダグラスレイン試飲会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |