FC2ブログ
グラスワイン
ただいまクレセントで使っているグラスワインです。

これはレアです。

ジャイエ・ジル ブルゴーニュ・アリゴテ ’00

ジャイエジル・アリゴテ

アリゴテ自体は珍しくはないんですが、2000年となるとなかなか出会わないのではないでしょうか?
熟成したアリゴテはそうそう無いですよ!
普通は’05や’06の酸っぱい酸っぱいものを夏場にキンキンに冷して飲むんでしょうが
これはふつうに飲めます。ミネラル感あり、果実味もあり、程よく余韻に皮の苦味。

以下は インポーターの資料です。

『ドメーヌは、コート・ド・ニュイの最南端、位置的にはオート・コート・ド・ニュイとなるマニ=レ=ヴィレールの村に位置し、現在、40代後半になるジル・ジャイエが取り仕切る。父のロベールは、神話的存在となりつつあるアンリ・ジャイエのいとこにあたり、また戦後DRCにおいて、故アンドレ・ノブレとともにワインづくりに従事していた経緯がある。

ワインは新樽100パーセントで熟成されるが、その樽に耐えられるだけのしっかりした構造を備えている。突出はしていないものの、バックでは酸が全体を支え、タンニンはじめ各要素の構成は緻密。つくりではSO_をムー、それにマロラクティークが終了した段階でごく少量添加するのみ。コラージュもフィルトラシヨンもなしで、オリ引きを瓶詰め前に1回おこなうだけ、というのがジャイエ=ジルの流儀だが、以前に較べると、より果実味が感じられるつくりに変化してきた。

ニュイのプルミエ・クリュ、ダモードとともにエシェゾーは、通常では手にいれるのが非常に難しい銘柄。そこでジャイエ=ジルの味わいを愉しむには、オート・コートの各ワインが出番となる。色濃く、熟した果実味に新樽の風味が寄り添う、凝縮感のある赤は、滑らかさもあり、口当たりも十分で、ドメーヌの力量が只者でないことを如実に示している。

赤に劣らず人気なのが白。樽発酵させているオート・コートの各白は、黄金の色調と新樽の風味が横溢する、たっぷりとした満足度の高いもの。これもオート・コートのテロワールというよりは、まさにジャイエ=ジルの個性を堪能する1本で、畑にはシャルドネ種以外に、ニュイの名ドメーヌ、アンリ・グージュからのピノ・ノワール種の突然変異である白ぶどうも植わっている。

ジャイエ=ジルの白では最も量が多く、また気軽に愉しめるのがブルゴーニュ・アリゴテだが、これが侮れない。優れたつくり手のアリゴテは端倪すべからざるものがあるが、このジャイエ=ジルのアリゴテも樹齢は70年以上、これがアリゴテ?とおもわず、頬が緩むような味わい。新樽が強すぎることもなく、果実も濃厚すぎず、加えてアリゴテ本来のしっかりした酸味が全体に心地よくバランスし、ブラインドでテイスティングするとブルゴーニュ・シャルドネのレヴェルもはるかに超え、まさにムルソーといった趣。価格を考えるとたいへんカリテ・プリな白で、このアリゴテに根強いファンがいるのもおおいに肯ける1本。』


一時期一世を風靡したアンリ・ジャイエの従兄弟さん。どの銘柄も高くなってしまったので、グラスワインではオート・コートを使うのは難しくなってしまいました。



最近ローヌ系が好きなんですよ!

シャトー・デ・トゥール コート・デュ・ローヌ ’03

Ch.トゥール・ローヌ

造り手は知る人ぞ知る?(けっこう知ってますか)シャトー・ラヤスのオーナーが造るワインです。
2003年は猛暑の年で葡萄が弾けてしまい、かなり収穫量が少なかった年です。
最初は甘ったるいイメージのあった年ですが、かなり落ち着いてきてます。
濃さは無い?ものの、ボリュームはあります。
グルナッシュの年ですね。やはりいい造り手さんです。

以下はインポーターさんの資料です。

『シャトーヌフ・デュ・パプの名手シャトーラヤ(RAYAS)のオーナーがつくるワインです。
現在当主のエマニュエル・レイノー氏は1977年に亡くなったジャック・レイノー氏の甥で、独自にドメーヌデトゥールとシャトーデトゥールを運営しています。

かの有名なシャトーヌフ・デュ・パップのラヤスと同様の方法で生産されているヴァケラスといえばシャトー・デ・トゥールである。

サリアンの町のそばにあるこのドメーヌには15ヘクタールのヴァケラスの畑と約22.5ヘクタールのAOCローヌとヴァン・ドゥ・ペイの畑が広がっている。

ジャック・レイノー氏の兄弟であるベルナール・レイノー氏の息子エマニュエルが現在ここを管理している。
非常にまじめで穏やかな彼は、父ベルナールや叔父のジャックから受け継いだ事を生かし、複雑性
と凝縮感のあるワインを生産する。

グルナッシュ75%・サンソー15%・シラー10% 20hl/ha
甘くしなやかな花と黒糖のアロマ。グラスの中から溢れてくる香りはどんなに吸い込んでも途切れない、うっとりするようなブケを持っています。
このクラスにしてこれほどの肉厚なボディは開栓直後では気がつきにくく時間がたつとワインが開いてくるのが味わいの変化で分かります。
飲まれる20分前に開栓又は、デキャンターに入れると力強さとバランスの良さがはっきりと感じとれます。

面積:白1.5ha、赤10ha、ヴァン・ドゥ・ペイ10ha
生産量:白9700本、赤75000本、ヴァン・ドゥ・ペイ87000本
醸造熟成:白-イノックスタンクで8-10日間の醗酵、24ヶ月タンク熟成
赤-イノックスタンクで8-10日間の醗酵、品種別醸造、コンクリートタンクでストック、 一部少量は大樽熟成、ボトリングはヴィンテージから18ヵ月後


白・赤ともにレアなワインです。

グラスでお飲みいただけます。

数に限りがありますのでお早めに!




スポンサーサイト



[2008/07/23 22:49 ] | Wine | コメント(0) | トラックバック(0)
<<第11回ワインが喜ぶ食事会 | ホーム | 『コチ』 って知ってますか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |