スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今週の仕入から
今週の・・・と言ってももう木曜日ですが、伊勢からのお魚です。

脂ののった黒鯛です。
また、悪そうな顔してます。
目もかなり据わってます。(おぉ~怖っ!)

でも美味しいんです。身と皮の間がとくに旨い!パリッと皮目を焼いてお出ししてます。
出来れば皮ごとお召し上がりいただけると嬉しい限りです♪

黒鯛




続いては、ちょっと変わったお野菜シリーズです。
クレセントでは、けっこう珍しい野菜を付け合せに使ってることが多いので
今日は少しご紹介したいと思います。

野菜

●左奥から時計回りに 「チリメンキャベツ」 です。
別名 「サボイキャベツ」
フランスのサボワというところで改良されたのが由来だとか。
形は冬キャベツと変わりませんが、一回り二回りは大きくて、なかなかの貫禄。
その名の通り、葉が全面ちりちりとちりめん状になっています。
生で食べると固いので、生食(サラダ)向きではないと言われますが、ちりめんのひだひだにスープがよ~く染みこむので、ロールキャベツや鍋物など煮込み料理にあっています。
煮込むにつれて甘みもアップ!それに煮崩れしないのが特徴。


●真ん中奥 「スティックブロッコリー」
 正式名称 「ブロッコリーセニョリータ」
食べてみると解りますが、やわらかい茎から甘みが口の中に広がります。


●右奥  「なばな」
三重県が栽培面積「日本一」を誇る「なばな」です。
「なばな」は、みなさんが店頭で見かけられるのは、洋種菜種の芯の部分を若菜とともに摘み取ったものです。「なばな」の歴史は、昭和30年代に現在の桑名市(旧長島町)が「なばな」とネーミングして市場出荷されたものが最初だそうです。現在は「三重なばな」として全国に広く流通しています。県下に幅広く栽培が普及して栽培面積が約171ヘクタールと日本一の面積を誇っています。
「なばな」は栄養価が高くビタミンCはほうれん草の約2倍だそうです。



●手前右 「紅芯大根」
中国野菜の中で唯一生食できると言われている縁起のよい大根です。
紅白の色合いがその所以だったようです。
食べ方は、普段食べている白い大根より甘みがあり、食感もいいので薄くスライスをして
サラダにもいけます。



●手前真ん中 「ロマネスコ」
アブラナ科アブラナ属の一年生植物。カリフラワーの一種で、特徴的な形態の野菜である。 未成熟の花蕾と花梗を食用にする。アブラナ科の野菜の中では比較的穏やかで微かに甘い芳香を持つ。
名前はイタリアのローマ方言を意味する「romanesco」に由来し、花蕾群の配列がフラクタル形状を示す特徴を持ちます。



●手前左 「プティ・ヴェール」
ケールと芽キャベツを交配した日本生まれの冬の緑黄色野菜だそうで、
βカロテン・ビタミンC・カルシウム等が非常に豊富とのこと。
特に、日本人に不足しがちなカルシウム、抗酸化作用があるカロテンなどが豊富。
また、女性に不足しがちな鉄分も、野菜ではトップクラスのほうれん草をしのぐ含有。
鉄分の吸収を高めるビタミンCも含まれる万能選手!
味はクセがなく、茹でキャベツのような甘みが少しあります。



いろんなお皿に登場しますので、是非探してみて下さいね!


スポンサーサイト
[2009/02/26 17:17 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
突然やって来た!ルイ・シュニュ姉妹
先週の金曜日の夕方。突然来ました!
フランス、ブルゴーニュの造り手 「ルイ・シュニュ姉妹」

なんの前触れも無く、いつものように西村酒店さんが納品に来たかと思えば・・・
後ろにおぉ!今最も注目のインポーター 「ヌーヴェル・セレクションの上田さん」ではないですか。
あれ?まだ後ろにキレイな外国女性が・・・・・
「ルイ・シュニュ姉妹やぁ!」

有名人に逢った子供みたいに興奮!?でした。
写真!写真!
(実はこの写真を撮ってくれたのが上田さんなんです。
ほんとすいません。有名インポーターの代表にこんなことさせて・・・)


ルイ・シュニュ

でもほんの10分足らずで帰っていきました。


以下はヌーヴェルさんの資料から抜粋

【Louis Chenu】

1917年、サヴィニー・レ・ボーヌに創業。以来ワインのほとんどはネゴシアンに販売していましたが、2000年に妹のキャロリーヌ・シュニュ(写真中央)がドメーヌを継承してから、本格的に自社ビン詰めを開始しました。お姉さんのジュリエットさん(写真左側、営業担当だそうです)の後押しを受けながら、ドメーヌの運営に当たっています。
畑は一級畑4ヶ所を含む、サヴィニ一筋!2002年に従兄弟から3haの畑を譲り受け、現在は9haを所有しています。ここで作られる赤=ピノ・ノワールはすべてヴィエイユ・ヴィーニュ。100%除梗し、ノンフィルターでビン詰め。ワインは、ビン詰めして間もないこともあり、ほとんどがフランスのワインファンにダイレクトに販売されています。

醸造担当のキャロリーヌさんにはソフィーという娘さんがいます。「娘を心から愛していますが、同様の愛情をブドウにも注いでいます」と多くの時間を畑や醸造に費やします。趣味は「仕事」という彼女。これからのサヴィニをリードしそうな新世代の作り手です。キャロリーヌは2人の小さい娘さんの育児とワイン造りを見事に両立させながら、多くの時間を畑で過ごしています。「私達は小さなドメーヌなので、畑で働く時間がたっぷりとれます」。「娘を心から愛していますが、同様の愛情をぶどうにも感じています。栽培もワイン造りも、本当に楽しい」という彼女は、広報・販売を担当する姉のジュリエットと力を合わせて、ドメーヌの運営にあたっています。
「私達が飲んで素直に美味しいと思うワインを造りたい」という彼女達が飲みたいワインとは、「ピュアでナチュラルな味わいのワイン」です。お父さんから受け継いだ古樹畑を大切にし、真剣なリュット・レゾネ栽培による心を込めた畑仕事をする一方で、醸造はできるだけ手をかけず、「美味しいぶどうが自然に美味しいワインになってくれるのを手助けします」。

 モダンなラベルのデザインは、リヨンの若手グラフィック・デザイナーが、彼女達の伝えたイメージをもとにデザインしたものです。

ラベルがまた、女性らしく、愛らしいんです。

savigny


サインも欲しかったんですが、ルイ・シュニュのワインを今取り扱ってなくてもらえませんでした。
(超がっかり↓)

今度来るときは前もって連絡してね!
[2009/02/24 17:59 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
メジャーデビュー&ニューオープン
みなさまお久しぶりです。

ネタ不足で、ここんとこ更新出来てませんでした。

何にも無かった訳ではないのですが・・・。

まずはメジャーデビューの報告です!
といっても僕ではありません(分かってるって。はい、その通りです)

ご贔屓にしていただいている音楽事務所 「OZ MUSIC」の社長のところからです。

COLORS DEPARTMENT

Bass: 蛇石 徹  Drums: 内海 絵里  Vocal & Guitar: 長尾 達樹
【1st mini album 「CROSS ROAD」 2009.02.18 】発売です。

爽快感バツグンのピュアな歌声にみなさんハマってください。

只今 ロッカクツバメにてプロモーション中です!
へヴィーロテーションでずっとかかってます。
是非聞きに来て下さいね。

関西「ABCテレビ ナイトINナイト ビーバップ!ハイヒール」
2月度エンディングテーマに決定!


M-2「cross road」が2月度エンディングテーマに流れています。
■ABC朝日放送 木 23:17~

詳しい情報はこちらから
OZ MUSIC HP: http://www.oz-music.net/

ColorsDepartment


=================================================


続いてはニューオープンのお知らせです。

Bar Rocking Chair

2月2日(火)オープンでした。

BarRockingChair

「Bar K6」にいたバーテンダー坪倉くんがオープンしたお店です。

町家を改装した落ち着いたバーです。
店名通り、ロッキングチェアーと本物の暖炉でくつろげます。
ずっと前からあった店?と間違えるくらいしっくりしています。

京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町434-2
Tel/Fax 075-496-8679
Open 17:00 - 3:00
http://bar-rockingchair.jp/


===============================================

もう1軒は

Bar Grog

2月5日(木)オープン

BarGrog


クレセントのランチを手伝ってくれていた 羅久井くん(木屋町ジレンマ、garagara momijiにいた)のお店です。

真っ黒な店内のシックなラムとワインのお店です。
騒がしい木屋町でも、ここだけは違うよと言わんばかりの大人な感じで
しっとり飲めます。

京都市中京区木屋町御池下ル東側 ミユキビル2F
tel /fax 075-255-4979
open 20:00 - 3:00


いずれも要チェックですね!

[2009/02/13 17:52 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
第16回 「ワインが喜ぶ食事会」 のご案内
第16回目となりました「ワイン会」のご案内です。


前回は冬場の食材として「美味しい魚介」をテーマに開催しました。
参加は多からず、少なからずで、一体感のあるとても良いワイン会となりました。

「普段自分ではオーダーしない食べ物を、いろんな調理法で食べれて
新鮮で美味しかった!」との声もいただきました。
たしかにそうですね。あんまり好きでもないものを挑戦してまでオーダーしないですよね。
一緒に食べに行った人が頼んだ場合なら可能性はありますが、
大抵の場合は相性がいいから・・・好みが似てるから御飯行ったりするんで、
好みでないものは食べないですね。

自分も個人的に食事に行った時に、食べず嫌いとか、興味がなくてオーダーしなかったものが、
実は美味しくてその店のスペシャリテを食べ損ねてたかも・・・?と、ふと思いました。

そう考えるとワイン会に来ていただいているお客様はホントに美味しいものが好きなんだなぁ!
と思いました。そしてある意味「おまかせでもOK!」と信頼されているんだから、
もっと美味しいものを提供していかないといけないなぁというプレッシャーも感じました。

『美味しいもの(食材)を、美味しい状態(調理)で、そしてより美味しく(ワインとのマリアージュ)』

永遠のテーマです。



前置きが長くなりましたが今回のテーマです。

  『 美味しい野菜 』 です。

野菜


美味しい食材シリーズです。

肉、魚とメインにばかり気を取られがちですが、現代人ですから
不足がちな野菜にもスポットを当てていきたいと思います。

もちろん料理は野菜だけしか出てこない訳ではありません。
主役が野菜になるだけで、普段主役の肉や魚は脇役に回ってもらいます。
美味しく野菜を食べる為の裏方に・・・相乗効果ですね。


         記

日時  2月22日(日) 19時 スタート

会費  お一人様 10,000円 (料理・ワイン代込み)

ご予約 クレセント   075-213-0201 田中
     わいんくれーじ 075-821-1208 岩田 和久 まで

締め切り 2月19日(木)


このワイン会は、「クレセント」と「わいんくれーじ」のコラボレージョンで開催しております。
参加資格はいっさいありません。
美味しいワインと食事が好きな方なら、だれでもOKです。
知識ゼロでも大丈夫です。美味しい「笑顔」があれば何もいりません。
是非お気軽にお問い合わせ下さい。

[2009/02/05 20:39 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
じゃんけんぽ~ん!
見事に負けました!?

ズワイガニ


今週の仕入れからです。

北海道産 「タラバガニ」です。

焼きガニ?カニすき?

すんません。あんまりフレンチでカニのイメージが無いもので・・・思いつきません。

さて今回はどんな風に調理されるんでしょうか?

来てからのお楽しみです。
[2009/02/04 15:56 ] | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。